ポケモン化石博物館と大本山相国寺と金閣・銀閣の名宝を見に行く

速い!もうお正月も3日。明日から仕事はじめですわ。たぶん全員で集まってありがたい社長の話を聞いて、最後は、エイエイオーの掛け声で締める。ウハ!なにそれ。うちの出入りの会社の年末年始のおやすみ状況の一覧があるのですが、それを見ると、大体どこも3日~4日まで休み。でも中には2週間くらい休暇があるところもあってー、すげーなーと思いました。うちの会社は逆立ちしてもそんなことないな。

というわけで、「ポケモン化石博物館大本山相国寺と金閣・銀閣の名宝」というのを大分県立美術館(OPAM)に見に行きました。ポケモン化石博物館は、会社に招待状が10枚あるから行く人は総務に取りに来てと言われて、もらいました。一人一枚。その後、会社の子が取りにって、「ハイあげますw」って譲ってくれて・・・ええ子やなー。なので招待状2枚で親子3人で行きました(一人は実費ですが)

大分県立美術館(OPAM)というのは、Wikipediaによると「大分県大分市寿町にある公立の美術館である。2015年4月24日に開館」ということで、7年前に建築、開館したとのこと。他人事のように行っていますが、建築前のすったもんだから、建築中、開館式まで通しで見てます

Oita OPAM 1
外観はこんな感じ

この前の道路はなにかのイベント時には、歩行者天国となってお祭り状態となります。

Oita OPAM 2
3階のホワイエ。大本山相国寺と金閣・銀閣の名宝はこの階でありました。

で、ポケモン化石博物館の模様。動画はダメです。写真はOKのところは撮影OKとのこと。

まあまあ、それなりに面白かったです。長男は例によって出口のショップで今日恐竜のキーホルダーを買って喜んでおりました。

相方が、ポケモンみたら大本山相国寺と金閣・銀閣の名宝も見に行きますと言ってきたので、んじゃ、長男は見とくから言っておいでと言ったら、お金出すから全員で見に行こうというので、長男と私も渋々見に行くことに。ポケモンと違って声を出すのは憚れるし、逆にじっくり見たいけど、長男には興味無いだろうし・・・

こっちは写真撮影、動画撮影NGです

ちょっと太陽光がとんでもない射し方して非常にわかりにくいですが、ポスターです

ただ、入ってみたら、長男も興味のあるところはじっくり見ているようで、あとで何がよかったのか聞いてみたら、千利休が作った花入というのがあって、それが気になったと!ほっほーなかなか渋いところを攻めるな

私は光悦が作ったとされる、光悦 赤楽茶碗 銘 加賀光悦が見れてよかったなーと思いました。他にも屏風絵とか襖絵とかいろいろあったけど、よくわからなかったw

そんな感じで見て回ったのですが、ポケモンより年齢層が高い人達が多くて静かでしたね。

2023年最初の美術はこんな感じでした。

OPAMの場所はここ

へうげもの(1) (モーニングコミックス)

へうげもの(1) (モーニングコミックス)

山田芳裕
660円(02/04 12:44時点)
発売日: 2005/12/22
Amazonの情報を掲載しています
加賀光悦も千利休の花入も、漫画「へうげもの」を読んでいたので知ってる程度で格別に思い入れがあるわけではないので一応念のため

光悦考

光悦考

吉左衞門, 樂
3,520円(02/04 23:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください