「びじゅチューン!×OPAM なりきり美術館」を見てきた

もう3月開始ですよ。この間おめでとうと言っていたのに、もう2か月もたっちまった。全然、仕事進んでない。3月には終わらないといけないのに、、、3月って、グレゴリオ暦の第3ので、日本では、旧暦3月弥生(やよい)ってよぶんだって。

弥生は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力らしい。みんな暖かくなってうきうきしているみたい。

2月の最終日の28日に、OPAMに行きました。OPAMというのは、大分県立美術館‘のことで、2015年4月に開館した美術館。

その美術館で今回、大分県立美術館 開館5周年記念事業「びじゅチューン!×OPAM なりきり美術館」っていうのをやってて、うちの会社が招待券をもらったので3枚ゲット、あと2時間分の駐車場のチケットと一緒に家族で行ってきましたよ。

びじチューン!っていうのは、NHK Eテレで井上涼さんがやってる番組です。「井上涼さんの「びじゅつへのユニークな目のつけどころ」から、ポップな絵、奇想天外な歌詞、忘れられないメロディーが次々に生まれます。オリジナルの曲とアニメは、あなたのココロをわしづかみ。きっとあなたも「びじゅつ」のとりこに。」とのことで、OPAMとのコラボができたという感じです。

このために、大分県豊後高田市の巨大な岩に彫りこまれた「熊野磨崖仏」をテーマにした、「お互い擬態」という動画も作成してOPAMのあちこちで流しておりました。

この動画、最初とある報道関係者の方々の席上でお披露目されて、初めて見たのですが、終わったあと、なぜか微妙な雰囲気になります(なんででしょうね)

で展示物ですが、割と面白かったのは、「「ザパーンドプーンLOVE」ד浪”と“波”の饗宴」

説明によると、「井上涼さんが、この風景版画の傑作を見た時、高く舞い上がる大波が、富士山に猛アピールして身をよじっている女性の姿に見えたといいます。それをもとにつくられたのが、びじゅチューン!「ザパーンドプーンLOVE」です」だそう。

で、うちの長男が実践してみると・・・

こんな感じで台の上で飛びます。すると・・・

その強さによって、小波、中波、大波と評価があるらしいです。長男がやったら小波でした。それで、次に私がやったところ・・・

大波ってでてないけど、大波ですよ。あんまり強く飛んだので、かなり膝に負担が来ましたので、みなさんもご注意ください。

あとは、「夢パフューマー麗子」の展示も、なかなかの面白さでした。

で、うちの子の場合。ディスプレイの上にあるカメラに向かいながら写真を撮って・・・

吹き出しがあるので、一言書いてみて、、、写真はマスクしてるのと、ほんのちょっとだけ本人に似てる感じを残しつつ、麗子風になります

これ、私w

壁に飾ってもいい?でOKすると、横の壁にある壁に飾られる

こんな感じで晒されるw

あとは、風神雷神とか見返り美人とかの体験があってそこそこ楽しめました。なりきり美術館はOPAM3階で開催中で、1階では関連するグッズを販売しておりました。

(サインが達筆すぎて井上涼さんかどうかわからないのですが)コメント色紙も飾られておりました。

2月19日から5月9日まで開催しております。

びじゅチューン!  DVD BOOK4

びじゅチューン! DVD BOOK4

井上涼
2,282円(04/13 01:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
井上涼「テン」

井上涼「テン」

3,500円(04/12 19:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください