OPAMのアート&デザインの大茶会

Pocket

この間、OPAMで「アート&デザインの大茶会」というのをやっていたので、ちょっくら見てきました。普段は、何か強制的なことがないと行かないのですが、そうです、会社で行ってこいという強制的な力が働いたので見てきました。

まあ、それなりに面白かった。

ちなみに、一部写真OKな展示会でしたので、写真バシバシ撮りました。でも作品へのタッチは御法度です(当然ですが)ちなみに展示物の詳細もよくわかりません。学芸員?さんが詳細を説明していたようですが、ろくに聞いておりませんでした。

ちなみに一度も使われたことのない絨毯

よく出来たCGだなーと思っていたら、微妙に動いておりました。映画のハリポタの寮の壁に貼ってある絵が動いている、あのままの感じです。

生地で来た鯉のぼり

こういう内容です

大分の地層らしい

とか

とかいう感じでした。ここは写真NGだったかもしれないので、とりあえず、張るだけにしておきます。

奥に進むほど、仕掛けがしてあって、絵の中のろうそくが風で消えたり、満月をスマホで見ると、隠れた絵が見えたり(上の満月のイメージがそれ)なかなか面白く見ることができました。

もうすぐ終了なので、お早めにどうぞ

アート&デザインの大茶会 | 展覧会 | 大分県立美術館(OPAM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください