第68回つくみ港まつり納涼花火大会に行ってきた

去年一昨年くらいから、つくみ港まつり納涼花火大会に行って花火を見ています。今年は、第68回目。花火って・・・1回みればもういいよねと思っているのですが、子どもが毎年かなりうれしいようで、「花火見に行くよ」と何日か前に言っておくと、その間、あちこちで「津久見に行って花火見る」って話しをしてきます。

それこそ、まったく知らないおじさんおばさんに言って回るので、こうなると連れていくしかありません。

で、当日、3時4時頃に津久見に入って場所取りをします。場所は、花火のあがる岸壁の反対側ですが、ここ、かなり人気の場所です。

この時間はまだ空いてはいるのですが、あちこちでブルーシートを置いて場所取りしています。私達もじっくり場所をとりますが、もっと、早く場所取りする人は、岸壁の無料駐車場に車を止めて、テントをはったり、バーベキューしたり(火使っていいのかと思いますが)それぞれ楽しんでいるようです。

場所取りなんですが、ブルーシートを張るのですが、風が吹くと飛んでいくので、当然重石がいるのですが、大体毎回、100円しない2Lのペットボトルを4本くらいおいて飛ばないようにします。今回は、そんなに風もなかったので2本くらいにして、座布団と一緒においておきました(これが、帰りは地獄の行軍になるのです)

まあ、花火はこんな感じで、今回もそこそこ良かったです。暑い暑いと言いながら夜は結構涼しいし、ブルーシートに横になってじっくり見れます(というかキツくて)

で、帰りですが、駐車場まで、歩いて帰るのですが、ここで、さっきのペットボトルが死にそうになるのです。一応、空のショルダーバッグを持ってきておいて、その中に2本の2Lのペットボトルを入れて、持って帰るのですが、2L×2本なので、4kgを担いで持って帰ることになりますが、これが結構ツラい。

水捨ててペットボトルだけ持ってかえればいのですが、生来の貧乏性が水をすてるのを躊躇わせて・・・結局駐車場まで行軍ですわ!

帰りつくと、上から下までパンツまで、汗でぐっしょりですがそこからお風呂に入って、さらに、上がってビールを飲むと、もうこれが天国ですので、この為に毎回頑張っております。

まあ、でも来年は500mlを4本くらいにして、もう少しかさばらないようにしたいです(膝に負担もかかっているので)

2017年のつくみ港まつり花火大会のフィナーレのYoutube

今年の「第68回つくみ港まつり納涼花火大会」の情報

やっぱり花火はいいよねって、なんとかもう少しキレイに撮影したいと思うなら、

を買って勉強するしかないですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください