大分川ダムを見に行ってきました。

この間ちょっと物のついでに建設中の大分川ダムを見に行ってきました。大分川ダムというのは、大分県大分市の一級河川・大分川水系七瀬川に建設中のダムです。大分川水系最大規模のダムであり、芹川ダム以来の多目的ダムです。

本体工事はすでに完成していて、2月下旬に試験的に貯水を始めます。完成は2019年度末の予定。完成に合わせて、大分市はダム湖近くに「道の駅のつはる」(仮称)、山側に「のつはる天空広場」(仮称)を整備するらしい。

ダムの形式は、中央土質遮水壁型ロックフィルダム。ロックフィルダムというのは、岩石や土砂を積み上げて建設する型式のダムで、中心には水を通しにくい「コア」と呼ばれる土の壁があります。

大分川ダムの場合、ダムに使う、土砂、土石はすべて地元産を使用しているとか(と、近くの看板に書いてあったが未確認)

完成予想図は以下の感じ

第二展望所からの眺め

写真の写し方が悪くて、この写真だと水が溢れているのですが、右の△をキレイにあわせると、ダムの上部付近まで水が来て貯まるイメージです

ダム全体の展望

探したらダム建設時の動画を発見。

完成は、2019年度末の予定なので、来年度末になりますが、完成が楽しみですね。

というわけで今回はダムの本

ダムマニアが喜ぶダムかるた

この間テレビでやってたダムカレーとダムガチャのセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください