VENOM脆弱性(CVE-2015-3456)対策

VPSサービスのハイパーバイザーQEMU/KVMに脆弱性が発見ってことで、パッチをあてる対応を、VPSのサービス会社が行ってくれたのですが、その関係で、利用しているVPSを一度止めて、再度電源ONとする必要があるとか・・・

バンビのところでは、FX用にABLENETのVPSを利用していますが、当然、メールが届いていて、5月26日までに、VPSを停止->起動しなさいというメールが届いています。平日はFXを利用しているので、緊急時以外は停止したくないので、土日まで待つことになります。

で、先ほど停止->起動しました。これ、再起動ではダメで一度停止してからコントロールパネルから起動をしなさいということなので、単純にコンソールから

#shutdown -r now

じゃダメです。

#shutdown -h now

で止めて、ントロールパネルから起動というちょっと一手間入っています。

さて利用しているVPS全部停止->起動の依頼が来ているので、これから対応していかないといけないっすね。やや面倒。プライベートの分は良いとして、ショップ系とか夜中にしないと怖いなー(夜中でも怖いけど)。

去年はLINUXのセキュリティーアップデートの年だったけど、今年もちらほら出てくるのかしら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください