Macbook Pro Mid 2010 メモリ交換

何ヶ月前に、突然MBP2010が起動しなくなりました。起動時に「短音3回 長音3回 短音3回」をならしてそのまま立ち上がらない状態。いろいろ調べてみるとメモリ関係のエラーのようなので、メモリを入れ替えることにしました。

Youtubeに同じ症状の動画があったので掲載。こんな感じでまったく動きません。Macは昔からのユーザーなので、いろいろな不具合には遭遇しましたが、この音は、はじめてですね。

PRAMの初期化とか試してみたのですが、改善しませんでした。調べてみるとメモリが逝ってる可能性が高いとのこと。仕方ないので、新たにメモリを購入して入替です(ワクワク)

ちなみに、うちのマックのデフォは4GBです。あとから4GB×2枚と交換して8GBにして使っていました。それで調べてみると、今はひっそりと16GBまで認識するという記事を発見!おお、そしたらせっかくなので16GBまで拡張しましょう!人生初の16GBです。会社のWindowsPCさえ4GBなのに!

それでアマゾンなどで、規格にあうメモリを探してみます。8GB×2枚がいいなーと思って1,066MHz DDR3 メモリ の8GBメモリを探してみたところ・・・

というメモリを発見!上位メモリなので認識するというコメントがあるにはある。うむーMacは好みが激しいので、うちのMacで認識しなかったらいやだなーとちょっと買うのをためらいました。で、同じ規格のメモリをAmazonで探しましたがこれが見付からず・・・仕方ないのでAmazonでの購入は保留。最終的には、Vintage Computerというところの16GBキット(8GBx2)DDR3L 1600MHz PC3-12800 SODIMM を購入しました。人生初の海外ショップからの購入です(日本人の方がやってるショップですが)

私が購入した際には、在庫がなかったのでちょっと入荷まで待ちましたが、20日に発送して24日は届きましたので、結構スムーズではなかったのでしょうか。

これが購入したメモリです。

500円割引クーポン券もついています。

マック用のトルクドライバー。マックは裏返して・・・マックのネジは3本が長く、他は短いので取付時に注意が必要です。

メモリ交換は、大胆かつスピーディーに!
体の静電気は水道で手を洗うなどして放電しておきます。
手首に電線巻き付けてどこかにアースしてもOK。

よくみたら、結構ホコリもたまっていたので、ブローしておきます。

上が、4GB×2枚のメモリ。下が今回取り付ける8GB×2枚のメモリ。

で、交換したら以前と逆の手順で裏蓋を締めて・・・ネジの取付は対角線上に徐々にゆっくり締めていきます。とは言う物の、、、私のMacの場合、ある1個所をある程度締め切ってから他のネジをはめていく必要があって、なぜかというと、他をつけてからだと、最初に締めるネジがどうしても締められなくなるという、個体固有の訳があるのでした。まあ、それがないMacの場合は対角線上に徐々に締めていく方が良いですね。

そんなこんなで交換終了。恐る恐るスイッチオーン!

・・・短音3回長音3回短音3回・・・が発生・・・マジで!!

1度スイッチを切って再度PowerONしたらなぜか今度は立ち上がりました。もしかして最初PRAMのクリアした方が良かったかもw

無事、メモリ16GBを認識。よかったー。いやー快適快適。メモリ16GBは広大だわw
今度はHDDをSDDに変更してあと10年は使いたい(C2Dだけど)

Macbook pro 2010用メモリはこちら

その他のメモリはこちらをどうぞ

■参考にしたサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください