米大統領選でいろいろごたごたしてた

まあ、米大統領選って11月8日で、日本時間は9日という話しです。開票時間は、午前8時から開票。速ければお昼頃にはおおよその結果が分かって、夕方には、確定するって話しらしいです。まあ選挙の詳しい話しは、他の記事に譲るとして、主に市場への影響とかを知ったかぶって言ってみると、、、

写真使うのははばかれるので、イラストで。

かなりおおざっぱにいうと、トランプさんだと、なにするか分からない=不確定要素多いので、ドル安円高方向。ヒラリーさんだと、今の米大統領であるオバマさんの追随をするから、まあそんなへんなことしないだろうくらいで、ドル高円安方向。くらいの感じでした(いろいろあるかもしれないけど)

で、10月終わりまでは、そこそこ円安でいよいよ浮上するかと思っていた矢先、例の私用メールの件で「FBIが再調査って、今この時期になんで言うの!?」感じでしたが、ニュースが流れるやいなや、ずたずたと円高へ。落ちるときは速いよね、わずか3日で、102円台後半まで落ちました。

一時はヒラリーさん優勢でこのまま当選やなと言っていたのに、トランプさん猛追で、1.6~1.7ポイント差という、それって誤差の範囲じゃね?っていうくらい支持率肉薄中です。

で、今朝がた、クリントン氏のメール問題 再捜査するも訴追しませんよ。ごめんねお騒がせして・・・って感じのニュースが流れ。ドル円は急反発っぽく上がり、今、ドル円は以下の感じです。←いまここ。

なんだかな

というわけで、ドル円の盾刻を、100円~107円で仕掛けていた私は我慢に我慢を重ね、今、利喰いに走っています。というか、105円の時に、軽く利喰いできたのにそれを止めていたという判断ミスが、102円段階で「あー辛い」って心境を生んでしまったのです。ちなみにEURUSDも張ってたのですが、こっち、先週くらいに手じまいまして、損切りです。まあ、100通貨×10なのでいいのです。ここで、少し手を軽くしておかないと、いろいろ怖いしね。

あと、USDJPYの103円台、104円台、105円台にそれぞれ裁量で買いを仕込んでいますが、うーん、これいけるかなー。EURUSDにも、こちらはちょっと遅かったので少量売りを仕込んでいます。どちらもXMです。XMでは、TBMTS_BullBearが動いていますが、これは止めない予定。これはどっちに動いてもなんか問題ないかも?と勝手に思っています。

TITANFXは、先週火曜日にさっさと停止。したのですが、その後再稼働させて大失敗。木曜日に再度停止しました(なにしてるの私・・・)が、今は裁量で少し張ってるくらいです。

とりあえず、9日の大統領選ではどっちに転んでも大きく動くことが予想されるので、どっちに転んでもいいようにしておきましょうね。

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください