愛機Macbook Pro mid 2010が逝ってしまわれました

ここでも書いた症状の件なんですが、その後、収まったように見えたのですが、そうではなかったようで、リブートしたりすると、たまに例の症状がでて起動しなかったりしました。そういう場合はしばらくおいて再度パワーボタンを押すと起動したりしていたので、だましだまし使っていました。

この時の症状とは、起動時に「短音3回 長音3回 短音3回」のビープ音がなって起動しないという症状です。以下Youtubeから

で、つい先日の7月初旬。バンビの場合、Macは常に起動したままです。自動的にスリープ状態なるように設定していて、モニターをつけて、キーボードを押すとそのままマックが使える状態になります。

その日、会社から帰っていつものようにマックを操作しようと、モニターの電源を入れて、キーボードをワンタッチしたところ・・・画面が真っ黒のままです。あれ?と思ってマックの電源を確認すると、切れていたようなので、再度投入・・・と、Youtubeのような状態。

ここでちょっといやんな気がしたら、案の定全く起動せず。その日はそのままにして、次の日も次の日も時間をおいてPowerボタンを押したのですが、Youtubeな状態で起動しない。

あー、これはついに逝ってしまわれましたかと。。。

それで、先週、カメラのキタムラアミュプラザ店に持っていって担当の人に斯く斯く然々と説明して預かって貰いまして、調べて貰うことにしました。

そしたら、1日おいて電話があってこれはロジックボードがやられているみたいなので、うち(キタムラ)で修理してもいいけど、その場合○万円くらいかかるので、直接マックに出した方がいいかも、その場合は35~40くらいになるかもです。

・・・と言われ、それなら、仕方ないので、直接出しますという話しに。

で、本日、Appleのサポートページから「電源入らない、どうする?」→「サポートと話したい」と選択していって電話で話したところ、「あーそれは修理しかないです。その場合、35640円です」と即答される。えーそれ決定ですかというと、「決定です。あとビープ音なってるのでハード故障です」というお返事。電話で聞いただけで調べなくてもいいのかと思ったんですが、ボード交換って決めているのかなー(ボード交換かどうかもわからないけど)

それでやっと本題。

そのまま、電話で受け取りの日とかスケジュールとか決めて、修理に出すことにしました。まあ、古い機種(でもギリギリ5年以内なので部品はあると言われた)なので、故障個所の情報もある程度ストックされているんだろうな。

1週間くらいということなので、来週末か再来週には直ってくると思う(素直に直れば)

しかし、35千円は割と痛い出費になりそう。もし、5万くらいかかるっていう話しなら、そのときは、中古にでも買い換えてもいいかなと一瞬考えたんだけど、でもたぶんそれでも修理にだしたろうなー

実をいうと、家用に、Mac miniでも買おうかと思っていたんだけど、それを察知して壊れたのかねー。マック(に限らないけど)には困ったもんだ。

ちなみに、修理に出す前に、以下のことだけはやりました。

ま、これをやってもそもそも起動しなかったので、ハード故障以外ないんですけどね。起動しない状態になる前の状態として、やたらファンが回転してたなー、、、最初、熱暴走かとも思ったんですが、キタムラはそれはないって話しで・・・

電話のサポートの口ぶりからすると確定的な故障のような気がする。勘ぐりすぎかもしれないけど、微妙に、リコールの時期の件もあったので、勘ぐっちゃうだよねぇ。

まあ直ってくればそれでいいんだけど、、、

「愛機Macbook Pro mid 2010が逝ってしまわれました」への1件のフィードバック

  1. 先ほど、クロネコヤマトの人が来たので、そのまま手渡しました。早くよくなってほしいわー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください