「Futures Analyst(フューチャーズ アナリスト)」のサービス終了

以前もちらりとお話したように、私、商品先物からFXに流れたきたものです。しかも国内商品先物。先物時代は、金とか銀とかじゃなくて、もっぱら穀物系。大豆、小豆、とうもろこしとか。その時は、東京穀物取引所っていう穀物を扱う会社がありましたが、その後、東京工業品取引所に移管。東京工業品取引所はその後東京商品取引所になって現在に至ります。

で、その頃の話しで、私が利用していた中に、フューチャーズアナリストという解析ソフトを使ったサービスがありまして、今は、楽天証券に吸収されてしまいましたが、ついに、その解析ソフトもなくなってしまうという、また一つ、思い出が終わるのかという感じです(別に思い出したくもないですが)

終わるのは、9月19日なので、すでに終わっています。メールで案内来てましたが・・・20日からは、新しい取引ツール「マーケットスピード CX」、スマートフォンアプリ「iSPEED CX」を使えって話しで、マケスピに力いれてんなー、楽天。

マーケットスピードCXはダウンロードして使うアプリケーションの形態ではなく、WEBサービス系。なので、フューチャーズアナリストの時のID、パスワードを使って、楽天の総合口座開設してからログインって感じになっています。

まあ、今更って感じですが、ちょっと紹介だけしてみました。

商品先物市場のしくみ (PHPビジネス新書)

商品先物市場のしくみ (PHPビジネス新書)

三次 理加
発売日: 2010/02/19
Amazonの情報を掲載しています

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください