bambi1964サーバーに統合監視ソフトウェア”Zabbix”を乗せてみる

今日は、bambi1964サーバーにZabbixを乗せていろいろ監視したいと思ったのでその設定をしてみた。知人がとある案件でPostgresSQLをzabbixで監視したいと言っていてお手伝いをしたんだけど、僕は家庭の事情で途中でかえってしまったので、その後どうなったのかわからないw

ただ、Zabbix自体は気になっていたので、ものは試しと自サーバーに設置してみた。

ZabbixはZabbix SIAにより開発され、日本国内のオフィシャルサポートはZabbix Japanが提供していますが、ZabbixはGNU General Public License (GPL) v2ライセンスで配布しておりすべての機能をフリーで利用できます。

Zabbixとは

Zabbixとは、サーバー、ネットワーク、アプリケーションを監視するためのソフトウェアで、Zabbixは主に以下の3つの機能を有しています。

  • サーバやネットワークに接続されたデバイスを監視する監視機能
  • 収集したデータをもとにグラフ化、ネットワークマップの作成を行うグラフィカル表示機能
  • 収集したデータに閾値を設定し、障害/復旧時に管理者に通知を行う障害検知/通知機能

さらに、Zabbixのより詳しい情報は、非公式日本コミュニティサイト「ZABBIX-JP」をどうぞ。

で、例によって、先人の方のサイトを参考にインストールを行えば何も問題なくインストールできました。ありがとうございます。参考になりました。

それから個人的に、MySQLの管理を行いたかったので、MySQLのテンプレートを設置します。参考にしました。ありがとうございます。

  • ?MySQLの監視にzabbix2.0のTemplate App MySQLを使う - Qiita

上記までおこなったら、zabbixにログイン。

http://hogehoge.jp/zabbix

でログインしてから、[設定]->[ホスト]に移動。Template App MySQLを追加したいサーバーを選択してから、テンプレートタブをクリック。「新規テンプレートをリンク」欄に「mysql」と入力すると、Template App MySQLが表示されると思うので、それを追加。保存。

[監視データ]->[最新データ]に移動すると、MySQLが追加されていると思います。なお、アイテム欄は最初は1アイテムになっているかもしれませんが時間をおくとテンプレートのアイテム数と同じアイテム数(14アイテム)になります(僕の場合はそうでした)

なかなか良い感じにグラフが書かれて行ってます。

それから、管理画面へのログインページですが、このままだと、誰でもログインページを表示できてしまいます。usermane、passwordで認証はしますけど、、、なのでIP制限を設定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください