プリウス4代目のマイナーチェンジとリコール

だいぶん遅い話題なのですが、プリウス4代目(50系)のフロントとリアのデザインをマイナーチェンジしたとか・・・まあ、以前のデザインは先を行ってるデザインで、カクカクだったんですが、マイナーチェンジでは、柔らかいデザインになりました。

去年10月ごろ、私のプリウス3代目の半年点検時に、営業の人が、そろそろ買い替えようとしつこく話をしてくるなか、「現行のプリウスのマイナーチェンジが12月にあって、そのときデザインが代わりますよ」という話をしていたんですが、特に興味もなかったので「へー」としか聞いていませんでした。

まあ、「前のデザインはカクカクしてて先鋭しているよね」「好みがはっきりするよね」という話をしていたのですが、やっぱり、売れ行きよろしくないんでしょうかねぇ、、、

ここの新旧比較表をみると、ビフォーアフターがわかりやすいんですが、コネクテッド機能を標準装備として、カーライフに役立つ情報を提供する「T-Connectサービス」を3年間無料で提供するというのも太っ腹な対応で、マイナーチェンジにかけるトヨタの意気込みを感じてはいますが、10年前なら、ハイブリッド車=プリウスもあったけど、今はライバルも多いしね。すんなり売上向上とはならないかもね。

それはさておき・・・プリウスまたリコールですわ

1.不具合の状況
ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、急加速時等の高負荷走行中に昇圧回路の素子が損傷した場合に、フェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがあります。そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがあります。
2.改善の内容
全車両、異常判定時の制御プログラムを対策仕様に修正します。
プリウス、プリウスαのリコール

ここまでくると、もうお前らもう少し品質管理ちゃんとせー!と言いたくなります

年末に届いたリコールはがき。すっかり見慣れましたわー

というわけで、どこかでトヨタ行ってきます。営業さんが車買い替えろってうるさいだろうなー、、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください