FXCM、日本部門を楽天証券に売却へ-6200万ドル前後

スイスショックで死にそうだったFXCMですが、借金をして、すぐに蘇ったという話しは有名ですが、その後、口座手数料を毎月取るよって言った後クレームが来たので、すぐさま撤回するなど、いろいろ借金返済のメドを建てようとしていたようですが、ついに、FXCMの日本部門を楽天証券に売却することで、返済のメドをつけようとしたみたいです。

 

 

 

楽天証券といえば、以前に、こんな記事を書いたのですが、この記事以降何度もアフィ申請しても拒否られています(この記事が影響しているかどうかわかりません)

楽天証券からは、3月3日に「楽天FXのサービスに関するアンケートのお願い」というメールが届いたので回答してあげたら、その後7日にまた「楽天FXのサービスに関するアンケートのお願い」が届いて「何やねん」と思ったとか思わなかったとかありますが、回答中に、何か意見があれば書いてください欄があったので、「MT4などの自動売買に対応していないので、今のところ使いたい理由がすくない」というようなことを書いた記憶があります。

その意見を絶妙のタイミングでくみ取ってくれたのかどうかわかりませんが、今回、FXCMの日本部門を買ったということで、楽天証券版FXCMジャパンになってもMT4のサービスは継続していくんだよね?と念押ししたい(じゃないとまた引っ越しだよ)

とにかく、6200万ドルという日本円で72億円くらいの買い物をしたわけなので、(主に私が)がっかりしないサービスを展開して欲しいと切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください