bambi1964サーバーに、Zend Frameworkとpearを入れる

さくらインターネットで稼働しているCMSをbambi1964サーバーに載せ替えるべく先日データをrsyncしたのですが、まだコピーしただけなのでまともに動かないので、動くようにいろいろ調整してみた。

pearをインストール

重要なのは、pearを入れることだと思い、bambi1964サーバーのログインしてからpearをインストール。yumさえ使えれば簡単にインストールできます。

# yum -y install php-pear

大量にいろいろインストールされて終了したら以下のコマンドで確認

# pear -V
PEAR Version: 1.9.4

Zend Frameworkをインストール

ZendFrameworkはどこにインストールするかで二つ方法があるみたい。一つは、pearでインストールするか、もう一つは別途Zend社からダウンロードして手動設置する方法。

pearでインストールすると1系を設置することになり、Zend社からダウンロードして設置なら1系でも2系でも好きな方を設置可能。どっちでもいいけど、手間をかけたくなかったので、pearでインストール。

まずはチャンネル追加

$pear channel-discover zend.googlecode.com/svn

それから、ZendFrameworkをインストール

$pear install zend/zend

pearを新規にインストールしたなら問題ないと思うけど、もしpearのバージョンが古いと言われたら、

$pear upgrade pear

でpearをアップグレード

もう一つの方法で最新版をダウンロードして設置なら

Zend社のLatest Releasesからwgetでダウンロード。

# wget https://packages.zendframework.com/releases/ZendFramework-2.3.0/ZendFramework-2.3.0.tgz

tarで解凍してから、必要なのは、libraryだけなので、libraryを/usr/share/phpあたりにコピー。
php.iniに、

include_path = ".:/usr/share/php:/usr/share/pear:/usr/share/php/library"

と書いてapacheをリスタートでOK。

移行したCMSの方を見てみるとほぼ正常に表示しだしたんだけど、ところどころAmazon系のところが表示がおかしい。ああ、pearでamazon.phpも入れないといけなかった

というわけで、

# pear install --alldeps services_amazon-beta

としてservice amazonをインストール。

とりあえずこれで一つ目のCMSは正常に稼働しだしたのでOKとします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください