3Dプリンターの講演があるということで参加してきた

2月27日だったかな、大分県産業科学技術センターで3Dプリンターの講演があるということで、会社が話しを聞いてこい!というので、参加してきました。

このセミナーとうのは、大分県デジタルものづくり推進セミナーということで、大分県産業科学技術センターが音頭をとって開催しているセミナーで、すでに第4回まで進んでいます。今回は「第3回大分県デジタルものづくり推進セミナー&3Dプリンタ見学会のご案内」というのに参加しました。

話の方は、九工大の先生が3Dプリンターのことについて、技術的なトレンドとか活用ポイントを話ていただいたのですが、内容がちょっと専門的で結局よくわかりませでしたw

まあ、ただ一口に3Dプリンターと言ってもいろいろな種類があるんだなーと、、、プリントする方法や大量に作る3Dプリンターとか・・・お値段も様々でした。

最初にあった3Dプリンター見学会では、産業科学技術センターに新たに設置した「3Dプリンタ(Stratasys FORTUS 360mc-s)の見学会」というのがあって、はじめて3Dプリンターというのを拝見させていただきました。

こんな感じで3Dデータを持ち込んで、3Dプリンターが解釈できるデータに変換していく。画面に映っているのは車いすを横にした3Dデータ。

こんな感じで3Dのものが作れる。手前にあるスパナは実際にボルトの大きさに合わせて動かせる(強度はないみたいなので、使用するのはできなさそうだけど)

3Dプリンター本体。Stratasys FORTUS360mc-s(フォータス360エムシー)には3タイプあって300mc、400mc、900mcでそれぞれSサイズ、Lサイズとあるらしい。

当然数字が大きくなると高いらしい。FORTUS360mc-sは一番安くて1400万円ということで・・・金額だけ見ると高そうだけど、きっと安い方なんだろうなーと。

わかりにくいかもしれないけど、横からみた感じで徐々に上に積んでいくイメージ。ページ最初のディスプレイに映っていた車椅子のイメージですかね。

一応来月4月から一般開放してデータ持ち込んできたら、3Dプリンターで出力できるようなサービスを開始するらしいけど、まだ、使用料をどの程度にするか協議中みたい。時間貸しで低価格で提供するとは言ってましたが・・・結構材料費がかかるみたいなので、どうなるかわかりません、、、

今回のセミナーに参加している人たちの傾向からすると、やはり製造業系の人が多い感じがしました。みんなこの話から何かしら今の仕事に取り入れようという感じなのでしょうか。

このセミナーは第4回というのが先日ありましたけど、その内容は「3Dプリントのための、3Dデジタルデータの品質チェックと修正プロセス」ということでご興味のある方は参加してみてもいいかもしれません。僕も機会があればまた参加したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください