【トラリピ】1月31日搭載予定の決済トレールのバックテスト

去年の11月22日に書いています決済トレールの件ですが、ついに2015年1月31日のメンテナンス後に搭載されます。それに先だってM2Jの特設サイトでバックテストの内容がアップされています

バックテストとは、過去のデータを用いて効果を検証すること。 買いトラリピにおける決済トレールの「あり」「なし」でトレンド相場とレンジ相場を検証したところ、トレンド相場にて収益力アップの傾向を確認することができました。
決済トレール - マネースクウェア・ジャパン

ということらしいです。サイトを見ると、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、NZドル円の4つで、トレンド相場時、レンジ相場時の決済トレールのあり、なしで検証しています。

ドル円だけ説明すると、トレンド相場時は、決済トレールのありなしで205.2%の収益差があり、レンジ相場では、ちょっと低めの121.5%の違いがあったということで、とりあえず決済トレールのチェックを入れておけば、収益力のアップが見込めるのではという内容になっています。

Q&Aを読むと、今設定している注文に決済トレールを設定するとはできなさそう。まあそりゃそうだと思います。決済のトリガー価格は0.20円固定ということで、これはえーって感じでしょうか。

トリガー価格を裁量で決めれるとよかったかもしれませんがまあいいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください