社内の電話システムが逝ってしまわれる

電話システムというのは、言い過ぎたけど、単に社内の電話がすべて使えなくなり、仮で1回線だけ仮の電話機を付けて仮で運用しています。なんでこうなったかというと、主装置が逝ってしまわれたわけです。

なんで逝ったかというと、もうだいぶん古い主装置で20年くらい使っていまして、5年に一度のビルの全停電作業があって、電気が戻ったけど主装置はアップしないという悲惨なことになりました。

火曜日の朝、会社への出勤がちょっと遅れますよと、電話をしたのですが、誰もでない。アレ?と思いつつしばらくして、再度電話・・・でも誰も出ない。アレレ?さらに、しばらくして電話しても、やはり誰もでない。。。

そうこうしているうちに、会社に到着したのですが、会社に来たらみんな普通に仕事してて・・・電話したけど、誰も出ないと、その時初めて自分はハブられて・・・いや、電話機が死んでることに気付き・・・

みんながわらわらと集まりどこに原因がと追求し、、、主装置に電源が入っていない、、、なら電気屋を呼んで電気がきているか確認しなさいと来てもらい、主装置を入れてくれたであろう納入業者を呼び出し(でもそこから買ったわけではなかった・・・)

結局、修理もできそうにない(古いから)新しいのに変えますみたいな話しになり、それまでの間1回線に仮の電話機を付けて、なんとか今会社を運営しています。

とりあえず、数社の電話関連会社に電話して、主装置の見積、電話機も、何台か追加、キャッチホン追加と、見積をお願いして、今それ待ち。

でもこういう時ってNTTとか速いね。うちは、NTTの光回線をネット用に入れていますが、これで電話番号を6個付けてネットもできて、回線費用がこれだけ減って、その分、こちらにこれだけ回せますよという説明を受けて、すげーという感じ。他の会社の見積が楽しみだわ。

とにかく、今は、速く回線が復旧してくれないとと思うんだけど、今は、携帯もあるし、メールもあるし、固定電話がないならないで、他の手段もあるなと思っていますが、やっぱりないと、困るので。

NTT30年目の決断 脱「電話会社」への挑戦

NTT30年目の決断 脱「電話会社」への挑戦

日経コミュニケーション編集 榊原 康
1,980円(10/28 07:23時点)
発売日: 2015/06/23
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください